アナボックステロドの検出期間

アナボリックステロイドの検出期間をご紹介します。 オキシポロン(オキシメトロン):2ヶ月 アナドリン(オキサンドロロン):3週間 デカデュラボリン(ナンドロロンデカン酸):17ヶ月から18ヶ月 メダナボル(Methandrostenolone):5週間から6週間 Equipoise(ボルデノンウンデシレン):4ヶ月から5ヶ月 ハロフルオックス(フルオキシメステロン):2ヶ月 マステロン(Drostanoloneプロピオネート):2週間 ナンドロロンフェニルプロピ:11ヶ月から12ヶ月 Omnadren:15 – (これは四つの異なるエステル型の混合物に可変)3ヶ月 トレンボロン(トレンボロンHexahydrobenzylcarbonate):4ヶ月から5ヶ月 プリモノロン、経口(メテノロン酢酸):4週間から5週間 プリモノロン、注射用(メトレロン・エナント酸):4ヶ月から5カ月 サステナノン250:3ヶ月(4種の異なるエステルタイプの混合物により変動する) テストステロンサイピオネート:3ヶ月 テストステロンエナントテート:2週間 トレンボロンエチル:4ヶ月から5ヶ月 トリナボール(4-クロロデヒドロメチルテストステロン):11ヶ月12ヶ月 スピロテロール、経口(スタノゾロール):48時間 ウィンゾロン、注射用(スタノゾロール):5時間と2ヶ月

アナボリックステロイドと同じぐらい大事なハーブ

アナボリックステロイドは体内の男性ホルモンの濃度を高め、結果筋力増加につながる素晴らしいステロイドですが、他にも男性ホルモンを摂取できるものがあります。それはフェヌグリーと言われるハーブです。フェヌグリークには、男性ホルモンの濃度を高める効果があるとされていて、アナボリックステロイド同様、軽度の同化作用を促してくれると言われています。2010年の研究で、30人の若い男子(筋力トレーニングを継続して行っている男性)に、ブラセポグループ(本物と思わせて実際は効果のない成分を摂取させる)と、実際に投与するグループの2つに分けて、フェニグリーク抽出物毎日500㎎を摂取させ体内に男性ホルモンの濃度を観察しました。結果、約8週間でベンチプレスやレッグプレスの重量の増量に成功しました。また、筋肉量は、投与してない人と比較すると、1.6㎏の増加が認められました。また、男性ホルモンの濃度は、ブラセポグループと比較すると、26%の増加が分かりました。このことから、アナボリックステロイドで同じ効果がフェヌグリークにはあることが証明されています。アナボリックステロイドほどの驚異的な筋力増加は見込めませんが、フェヌグリークに天然由来の成分になるので、肝臓への負担は少なくなり最近注目されているハーブです。またアナボリックステロイドを並行してスタックしてサイクルをしても効果的かもしれません。しかし、男性ホルモンが増加することから、一定のサイクルを決めていなければ、体内で男性ホルモンの生成を止めてしまう危険性もあります。ですので、ステロイドサイクル期間と回復サイクル期間をしっかりと行い、適切な管理のもとで筋力増加をしてください。 筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知